手術室勤務の経験を活かして

手術室勤務は看護師としてはやや特殊な勤務体系を持っているため、得られる経験にも違いがあります。基本的には手術のスケジュールに従って、朝から夕方まで医師が行う執刀のサポートを行うことになり、機材出しや検査の手配が中心的な仕事となるのが特徴です。医師と阿吽の呼吸で適切な医療機器を整った状態で用意できるようになると活躍できるようになりますが、手術室勤務を続けてきた看護師でなければなかなかできない経験がものをいう仕事です。代わりに病棟や外来での経験を積むことができないため、手術室勤務の看護師は他の看護師とは異なる職能を獲得します。

転職の際にはそれを活かしていくことが可能であり、病院だけでなく特定のクリニックへの転職が容易になるという特徴があります。病院でなくともクリニックレベルで簡単な手術を行うことが増えてきていますが、そのサポート役として看護師の存在は欠かせません。サポート能力が高い看護師は貴重な人材であり、その職能を獲得した看護師には採用される機会が広がっているのが現状です。皮膚科や消化器内科、心臓内科など、その場ですぐに行える手術のサポートをする看護師として活躍している人が増えてきました。しかし、転職先はそれだけではなく、女性にとって人気が高い美容クリニックでも渇望されています。手術室勤務の経験をして得た職能を活かして、美容クリニックで働くという道を選ぶ看護師も増えてきているのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です