スキルアップの為の転職

キャリアアップをして活躍できる人材になりたいと考える看護師にとって、その機会をいかにして獲得するかは大きな問題となります。職場での仕事が忙しすぎて時間が取れないということはよくあり、さらには研修で職能を高めようと考えても休暇が取れないという状況にもなりがちです。そのような職場で働いている限りはキャリアアップは難しいでしょう。職場から支援を受けてキャリアアップが行えかどうかは、活躍を目指す看護師にとって重要な点です。そのため、思い立ったら転職をして、キャリアアップが行いやすい職場を選ぶのが賢明でしょう。

職能を高められる研修を受けるには、支援制度が確立されている職場を選ぶのが理想的です。一日程度の研修であれば気軽に受けやすいものの、専門看護師や認定看護師になりたいと考えたら長期の休職期間が必要になることもあります。そのキャリア支援を元々制度として持っている職場を選んで転職すれば、高い望みであっても制度を利用して実現することが可能です。

もし、職能を高めて看護師としてもっと活躍できるようになりたいと考えても今の職場では難しいとわかったら、できるだけ若いうちに転職しておきましょう。新しいスキルを身につけるには若いうちであるのに越したことはありません。習得した能力を活かせる機会もそれだけ多くなるため、思い立ったらまずは支援を受けやすい職場に移って、看護師としての自分の能力を磨けるようにするのが大切なのです。

職能を活かした転職のバリエーション

看護師として経験を積んできたのち、その職能を活かして転職したいと考えると、看護師にとって基本の職場である医療や介護の現場を考えてしまいがちです。確かに看護師として培ってきた知識やスキルを直接的に活かそうと考えると、医療や介護の業界が適しているのは事実でしょう。しかし、そればかりが職能を活かす道ではありません。

看護師として働いてきた経験の中で培われてきた能力には、コミュニケーション能力があるでしょう。専門家である医師や薬剤師などと円滑にコミュニケーションがとれるだけでなく、医療従事者でありながらも患者のレベルに合わせてコミュニケーションを取れる能力を有しています。相手の意図を汲み取る能力や、相手の知識レベルに合わせて適切な言葉を選んで話せるスキルは広く活用できる能力です。そのため、転職に際してコミュニケーション能力を武器にしていくことが可能であり、それによって職場の候補を大きく増やせるでしょう。一般企業の営業や広報で働くことも可能であり、コミュニケーションを通してうまく商品やサービスを売り込んでいけると期待できます。また、様々な分野の相談所やコールセンターのスタッフとしても重宝されるでしょう。コミュニケーション能力の高さは応用の幅が広いため、看護師として身につけてきた能力の中でも最も転職で広く活用できます。

このように、職能とは何も専門的なスキルだけではありません。コミュニケーション能力や業務に対する責任感も立派な職能です。それらを養うことで、より幅広い転職を実現できるようになるでしょう。・・・http://xn--fhqtz92j2xa84ps58d20a.net